*

家事

お米からパンができるGOPAN(ゴパン)はコンパクトサイズで低騒音設計

投稿日:

GOPAN(ごぱん)とは

ホームベーカリー機はたくさんの種類があり、様々なメーカーが発売しています。パン作りをしたことがない人でも気軽にパンを作ることができ、アレンジの幅のあり便利な機械です。パン好きな人であれば自分好みのパンを作ることにも利用できるので、一台あると有効的に使うことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

特に食パンをよく食べる人であれば、材料を入れてセットすることで簡単にできるのでお勧めです。 そのようなホームベーカリーですが、パンを作るの必要になる物は小麦粉だけではありません。米粉パンを造りたい場合には米粉が必要ですが、それを白米から作ることができものがありそれがGOPANです。これはパナソニックが販売しているもので、以前は三洋電機が製造販売していました。 メーカーでは正式名称はライスブレッドクッカーと呼んでおり、GOPANは正式名称ではありません。その点に注意しておくことで、購入するときに間違えないようにすることができます。初代は三洋電機が作っていましたが、二代目以降はパナソニックが製造販売しています。このようにホームベーカリーには様々な種類があり、目的に応じて使い分けることが大事です。小麦を使うのか白米を使うのか、それによって買うものを選びましょう。

GOPANを使ってみて気づいたこと

白米からパンを作ることができるといっても、白米だけで作れるわけではありません。それ以外にも材料が必要なので、その点には注意しなければいけません。必要となるのは白米のほかに水、バターに砂糖や塩その他に小麦グルテンとドライイーストが必要です。これらは特別な材料を使っているわけではないので、普通のスーパーでも手に入れることができるので簡単です。 そして米粉パンを造るということは粉にしそうな雰囲気ですが、GOPANではベーカリー内で白米をペースト状にして作ることになります。パンを造る際には練って作るため、米を砕かずにペースト状にするということは理にかなっているように思えます。 しかし注意しなければいけないこともあり、二代目に比べて三代目は内部ののぞき穴がないという点です。料理が出来上がる流れは、それを見ていることも楽しみの一つです。のぞき穴がないためどのように作られているのか、観察できないのでそのようなことを重視する人には向きません。しかし米粉パンを作ることができるので、新しい味に挑戦するには便利に使える商品を言えます。このように使う人によっては物足りないと感じることもありますが、十分に満足できるものです。

何故ゴパンだけが人気なのか

GOPANができる前にも米粉パンを作れるホームベーカリーは存在しましたが、それは米粉を利用して作るというものでした。そのため材料をそろえるのが大変なこともあり、それほどヒットしているとは言い難いです。しかしGOPANの場合には米粒をペースト状にして作り、他に使う材料もそろえやすいです。このようなことから手軽に作れるという点で、人気があるといえます。 そして米粉パンに注目が行ってしまいますが、普通の小麦のパンも作れることも使い勝手がいい理由です。同じものだけを食べていると飽きてしまい、他の物も食べたくなります。その際に同じものしか作れないと人気が出ませんが、様々な種類のものを作れることで多様性が生まれます。GOPANではパン以外にもうどんやケーキ、ジャムにもちなどを作ることができるので様々なニーズに応える力があり人気です。 省スペースなことも置き場所に困らなくて済むので、使いやすいことの一つになります。場所を取ってしまうと邪魔に感じてしまいますが、少ないスペースで利用できるならそれほど邪魔にも感じません。このような利用するユーザーのことも考えていることで、売れている商品になっているといえます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-家事

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.