*

美容

ながらダイエットで気になる脚や腹を細くする方法!

更新日:

姿勢を変えることから始める

食事制限をしたりストイックな運動は苦手という人も多いでしょう。

その場合は、毎日続けやすい「ながらダイエット」が有効です。ながらダイエットで大切なのは、姿勢を正すこと。

正しい姿勢に変えるだけでも、基礎代謝をアップできるからです。

姿勢を意識して過ごすことで体幹が鍛えられ、痩せやすい体に徐々に変化していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

また、座る時間を活用して座りながらダイエットすることも可能。

この時も、姿勢を正しましょう。悪い姿勢はダイエットの敵です。

猫背の状態で座っていると、背中も腰も曲がった状態です。

この姿勢ではお腹に力が入っていないために筋力が落ち、お腹が出てしまう原因になります。

椅子に座って脚組みをしてしまう人も注意して下さい。

脚を組むと骨盤に歪みが生じます。

歪みが出ると内臓が正しい位置に配置されにくくなって、お腹が出たり脂肪のつきやすい体になる恐れがあるからです。

座る際に意識したいのは骨盤です。

上半身を支えるために重要な骨盤が歪むと、痩せにくい体質になってしまいます。

骨盤をしっかり伸ばして座ることが大切です。座る時は、天井から頭が糸で引っ張られているようにイメージして座りましょう。

そうすれば自然に背筋が伸びて、骨盤も伸ばせます。

工夫次第で痩せタイム

ながらダイエットには、厳しいエクササイズも食事法も必要ありません。

普段の生活にちょっとした工夫をするだけで、痩せタイムを作り出すことができます。

例えば、工夫次第で家事もカロリーを消費するダイエットになります。

その場合のポイントは、大きな動作を常に意識して行うことです。家事をする時は、どんな動作でも手や足をなるべく大きく使うように意識して行いましょう。

また、体を回旋するような動作を入れると効果がアップします。

テレビを見ている時間も有効に利用しましょう。テニスボールを足の裏で軽く踏むようにコロコロ転がせば、血行が良くなって代謝アップに繋がります。

また、歯磨きをしながらつま先立ちをすれば、下半身痩せのトレーニングができます。

日常の動作に少しだけ動きを追加するだけなら、ダイエット自体も長続きするはずです。

そして、就寝前にはリラックスしながらストレッチでダイエット。

寝る前のストレッチはその日の疲労を翌日に持ち越さないメリットがあります。

本格的なトレーニングができなくても、簡単なストレッチなら続けやすいです。

気になっている部位を集中的にストレッチすれば、体をリセットできる上に質が良い眠りを得られる利点があります。

便秘やむくみにも効果大

ダイエットをしたいと考えている人の中で、体のむくみが気になる人も多いでしょう。

特にふくらはぎはむくみが気になりやすい部位です。

体のむくみは取りづらいため、早めに対処する必要があります。基本的なむくみ対策としては、しっかりと筋力をつけることが大事です。

ふくらはぎにはポンプのように血液を心臓に押し返す機能が備わっています。

そのため、しっかりと血液を押し返せる筋力が備わっていることが重要です。筋力がつけば代謝が良くなるので、ダイエットにもおすすめです。

そこで、お風呂に入りながらダイエットをしましょう。

まずは膝立ちをして左手を前へ出しますが、この時のポイントは、手が床と平行になるようにすることです。

きちんと前に出したら、次に後方へ引いて下さい。

この動作は、二の腕を引き締めるだけでなくお腹への効果も期待できます。

お風呂に入っている時はしっかり呼吸しながら動作を行い、右手も同様の動作を行います。

さらに、お風呂に入ると身体が芯から温まって、冷え症の改善に繋がるというメリットがあります。

お風呂がもたらす温熱作用で臓器が温まり、血行が良くなることで腸内のぜん動運動が活性化します。

すると、腸内環境が整ってきて便秘が解消する効果も期待できるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.