*

ファッション

ロンパースは下着としても使うことができるとっても便利なベビー服

投稿日:

ロンパースって何

ロンパースとはベビー服の中でも3か月ごろから着用出来るアイテムになります。 製品によっては頭から被るものと、前開きのスナップボタンが付いている製品など種類がありますが、3か月ごろの赤ちゃんはまだ頭をしっかりと支えることが難しいので、前開きのロンパースの方が着替えさせる際には便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シャツとズボンが一体になったデザインになっていて、脚の部分もボタンで留められるようになっていますので、オムツの交換をする際も足のスナップボタンを外して交換をするだけで済みますので、オムツ替えも楽に行えます。 また、上下が一体になっていますので、赤ちゃんをおんぶ、抱っこをした際にもずれにくく、赤ちゃんがハイハイをした際にも洋服が脱げてしまう心配がない構造になっています。ハイハイをする前の段階でも赤ちゃんは手足をばたつかせたり、活発に動きますので、上下別々の下着を着せていると脱げてしまったり、ずれてしまうことで赤ちゃんが思うように動けなくなってしまうことがあります。 しかし、ロンパースであればずれおちてしまう心配がないので、外出先でも安心出来ます。 商品ラインナップも豊富で半そでや長袖も販売されていますので、通年で着せることが可能です。

ロンパースとカバーオールの違いとは?

ロンパースとカバーオールは上下一体型のデザインという点では共通しています。 違いとしてはロンパースはより下着として使うことを意識されて作られていますので、吸水性の高い素材で作られ、下着のようにそれほど厚みのある生地ではない製品が多い傾向にあります。赤ちゃんの肌に直接触れることを意識してオーガニックコットンなどを使っている製品も販売されています。 また、下着として使うという点で、足の部分はズボンになっておらず、ボタンを留めるとブルマのようになる製品が多く、夏場はロンパース1枚でも過ごすことが出来ますが、冬の季節はロンパースだけでは肌寒いので、上からカバーオールを着せてあげる必要があります。 カバーオールはデザインとしてはロンパースと共通していますが、用途は洋服に近い使い方をします。 肌着ではなく、洋服になりますので、生地も厚めの生地が使用されていたり、冬服になるとボアが中に使用されて暖かさを増す工夫などがされています。洋服になりますので、足はボタンを留めるとズボンのような形状になります。 カバーオールも多くの製品が販売されていますので、長袖、半そで、半ズボン、長ズボンになる製品の中から、季節に合ったカバーオールを選ぶことが可能です。

ロンパースはいつからいつまで着る?

ロンパースを使用出来る目安としてはだいたい3か月ごろからと考えられていますが、首すわりがまだ終わっていない赤ちゃんに被りタイプのロンパースを着せることは控えた方が良いので、お子さんの成長段階に合わせて着せることをおすすめします。 3か月ごろでまだ首すわりが終わっていないようでしたら前開きのロンパースを着せるなど工夫をすることも出来ます。 製品のサイズとしては2歳ごろまでラインナップがありますが、下着になりますので、赤ちゃんが大きく成長しているのに、まだ小さな下着を着せるということは避けなければなりません。 子供の成長は大人が驚く早さですので、赤ちゃんの成長に合わせてロンパースもその時期にあったサイズの製品をどんどん買い替えていくようにしましょう。 子育ての仕方はそれぞれですので、これといった決まりはないものの、だいたい1歳を過ぎて一人で歩けるようになった頃からセパレートタイプのベビー服に切り替える方も多いものです。 1歳を過ぎて自分で歩くようになると寝かせて着替えさせるロンパースを嫌がるようになる場合もありますので、赤ちゃんの意志も尊重してあげながら、その時にあった洋服を着せてあげることが大切になります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ファッション

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.