*

生活

人生を刺激する生き方 | もう退屈とはおさらば!幸せな人生の過ごし方

投稿日:

安定志向をやめて、なんでもありな自由奔放に

人生をよりエキサイティングに楽しみたい、そんな風に考える大人たちは意外と多いのではないでしょうか。人生は一度きりですので、できることなら自由奔放に生きてみたいと考える人もいるはずです。では、リアルに刺激的な人生を生きるためにはどのような心構えを持てば良いのか?ひとつのポイントは安定志向な考え方を止めることと言えます。 長い人生を生きる上で、大抵の人は波乱なく安心して過ごしたいと考えるものですので、安定した人生を求めるのは自然なことです。しかし、安定という考えを強く持ってしまうと、チャレンジする精神を失ってしまいがちです。時にはそのチャレンジによって人生設計が狂ってしまうリスクもはらんでいますので、道を逸れることに対して不安な気持ちを抱いてしまうのも無理はありません。ただ、それではいつまで経っても平凡な人生から抜け出すことは難しいです。優先順位が安定志向になっていますので新しいことにはトライせず、自由奔放という理想がありながらも、結局何もできないままに人生の大半を過ごすことになるのです。 後に人生を振り返った時、自由に生きることができたと感じるためには、考え方に柔軟性を持たせることも大切と言えます。そのためにも、安定への意識を改革し、やりたいことにチャレンジする人生を切り開いてみてはいかがでしょう。

五感を使って楽しむ

一度の人生を思い切り楽しむためには、五感をフルに刺激してあげることも大切です。五感とは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のことですが、いずれも人間を刺激する大事な感覚です。しかし日常の中では特定の刺激に限定されてしまいがちで、すっかり感覚が鈍感になってしまっていることも少なくありません。感覚が鈍るということは刺激が少なくなることを意味しますから、毎日が退屈に感じやすくなるでしょう。 ところで、刺激に溢れた日々について考えるために、少し子供時代のことについて振り返ってみるのが良いかもしれません。子供の頃は見る物全てが新しく、触れる物や感じる物など、いずれも刺激的に思えたものです。大人になるにつれて、そうした感覚が少なくなっていき、多くのことに対して心から楽しんだり喜んだりすることが難しくなります。 人生経験を積んでいる分、鈍い感覚になってしまうのは無理もない面もあるものの、ただ鈍い感覚は積極的に刺激を求める日常を送っていないからの場合もあるはずです。毎日が退屈だと感じながらも、これといった刺激を手に入れる工夫や努力、アクションを起こしていない大人たちも多いでしょう。自ら積極的に五感を刺激する生き方を求めないと日常はなかなか変わらないものですので、まずは手始めに、様々なことにどんどんトライしてみる気持ちを持ってみるのが良いかもしれません。

幸せをお金で買う考え方

毎日をより楽しいものにするために、ひとつどうしても避けては通れない問題があります。それは資金的な問題であり、要は楽しむためにはお金が必要です。ありとあらゆるものに刺激を感じられた子供時代ならまだしも、ある程度慣れてしまっている大人の場合、僅かな刺激では楽しさを感じることができません。したがってそれなりの出費をしながら刺激を求めることも、現実問題として考えなければいけないのです。 ただ、お金が掛かることで躊躇する人が少なくないはずです。よほど経済的に余裕がある状況ならばまだしも、そうではない人も大勢います。そのため負担を考えるだけで縮こまった考えになってしまう人もいるでしょう。 もしもそうした躊躇いが生まれてしまう場合、考え方を少し変えてみるのがおすすめです。出費を単なる負担と捉えてしまうと使いにくく感じられますが、負担と考えるのではなく、幸せをお金で買うという意識に転換してみてはいかがでしょう。誰しも幸せになりたいと考えるものですが、その幸せをある程度お金で買うこともできるのです。そして幸福度が高まれば人生の密度も上がっていきます。お金というのは生活をするための単なる通貨なわけではなく、人を幸せへと導いてくれる存在でもあるのです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.