*

収納

今話題の冷蔵庫収納!冷蔵庫収納のポイントを押さえて冷蔵庫もスッキリ

更新日:

買ってきたものをついつい、何も考えずに入れてしまいがちな冷蔵庫
せっかく買って食材を無駄にしない為にも、また次に使う時にサッと取したりできるように
まずは冷蔵庫の中をしっかりと整理しまたいですよね!

そこで、今回はすぐに誰にでも簡単にできる冷蔵庫収納のポイントをご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

冷蔵庫収納するコツは?

冷蔵庫は季節を問わず大活躍しますね。使い方によっては食費を節約することもでき、料理の幅も広がっていきます。それにはまず、冷蔵庫収納を見直すのがベストとなります。冷蔵庫収納のコツはしまい込まないことが最も大切です。よく、かごなどに朝食べるものなどを分けて入れることがありますが、この場合、透明なボックスでないと意味がありません。冷蔵庫を開けた瞬間、何がどこにあるのか見つけることが大切であるので、できるだけ見やすくしておくのがコツとなります。そのためどうしてもボックスを使いたい場合は、夕食の下ごしらえ用など、比較的すぐに使用するものを入れておいた方が無難です。
また、冷蔵庫収納で悩むこととして奥にあるものが取りにくい、ドアポケットをどのように収納したらよいかわからない、ということがあげられます。奥にあるものが取りにくいのは主に最上段にあるものですので、そういった部分はペットボトルやビールなどの飲み物類を収納すると良いでしょう。保存用の粉類を取りやすいように透明なボックスに入れるのも良いです。ドアポケットに関しても家族が使うものは目の前に調味料などは奥に、が基本です。そうすることで家族が調味料の場所を変えることがなく自分でもどこに何があるかを把握することができます。

冷蔵室のおすすめ収納方法

冷蔵庫の中ががすっきり整理されていると、料理作りもはかどりますよね。買ってきた食材をただ詰め込むだけでは、きれいな冷蔵室にはなりません。おすすめは100円均一で売られている小物を活用しての収納方法です。まずはシンプルなトレーやケースなどを使っての収納です。冷蔵庫の内部の色と合わせたカラーを選ぶとすっきり見えます。ごちゃごちゃした小さな食材はトレーにまとめて入れましょう。使いたいときにすぐ見つけることができます。飲み物などもばらばらだと冷蔵庫内がごちゃつくことがありますが、専用のケースに入れておくと取り出しもスムーズで、スペースが空きます。使いかけの食材はストッカーやタッパーを使って保存しましょう。同じく100円均一で売られている見出しシールなどを使うと、何の食材が入っているかよりわかりやすくなります。食材名と一緒に賞味期限などを書いておくのも便利です。

冷蔵室が整理されていると、どこに何があるかわかるので食材を探す時間がはぶけ、効率が上がるとともに節電にもなります。また専用ケースなどを使うとデッドスペースを活用することができ、より冷蔵室を広々と使えます。少しの工夫で家事が楽になりますので、試してみてくださいね。

冷蔵庫の上手な収納アイデア

冷蔵庫は現代生活になくてはならないもので、食生活上強い味方となっています。しかし、油断すると賞味期限をオーバーすることもあるので、収納には知恵と工夫が必要になります。
これは冷蔵スペースだけでなく、冷凍スペースについても言えることであり、冷凍であれば何年も大丈夫ということではなく、やはり1年くらいを目安にするのが賢明と言われいます。
つまり収納日とか、どのくらいの期間保管しているのかがわかるようにする収納アイデアが決め手になるというわけです。
冷蔵庫は上部は横からの目線で、株は上からの目線で品物を見ることになります。だから、その目線を大事にした品物の保管をすればよいということになります。
上部は、奥のものが分かるようにすればおよそ大丈夫です。背の高いものを奥に、低いものを手前が原則ですが、品物によっては、パッケージや専用ケースなどで大括りにすると有効なこともあります。
問題は下部であり、こちらは下から順に重ねることが多いので、下ほどわかりにくくなっています。そこで重ねて保管するよりも、縦置きを中心にするのが技となります。そのための空になった牛乳パックの上の部分を切り取り、整理用の枠にするなどすると効果的になります。こちらもその他に透明ケースなどで縦置きを補うと食材の無駄はほぼ完全になくなります。

おすすめの冷蔵庫収納グッズを紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-収納

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.