*

家事

低カロリーで低脂肪 健康が気になる方へサラダフィッシュ活用法♪

投稿日:

サラダフィッシュって何?

サラダフィッシュは魚肉由来の食品で、低カロリーな鶏肉に変わる新しい選択肢です。
サラダフィッシュもカロリー控え目で高タンパク質ですが、DHAやEPAも入っているのが魅力です。
また使い勝手に優れていて、そのままでも解して野菜と和えても美味しく味わえます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

従来の魚肉食品とは違う食感なので、新しい食材を求めている人にとって朗報です。
ほんのりと味付けされていますが、味付けできる余地があるので、様々なドレッシングとの組み合わせが楽しめます。
魚特有の生臭さはなく、旨味がある割に癖は少ないのでまさに万能な食材です。
見た目は殆ど鶏肉ですが、使われている材料は魚だけですから、初めて口にすると新食感で驚きます。
ダイエット目的に使えるほど栄養バランスが良く、食感や味も優れていますから、辛く感じがちな食事制限が無理なく続けられます。
サラダだけでなく焼き料理にもマッチするので、サラダフィッシュの名前に留まらない可能性を秘めます。
グルメ食材としても、健康的な食品としても注目されていますし、知っている人は既にはまっています。
何にでも使える食材ですから、工夫次第で飽きずに毎日味わえる、そういった良質な商品としての魅力があります。

手間なく出来る

暑い時期にも火を使わないで調理できるので、面倒なおかず作りが簡単になります。
サラダなら、葉野菜を洗って手でちぎったり、そこに解したサラダフィッシュを入れるだけで一品の完成です。
運動後の栄養補給にも最適ですし、お酒のつまみづくりにも役立ちます。
骨がなく下処理いらずなので、魚を捌いたり骨を取るのが苦手な人にも便利です。
下ごしらえも味付けも全て済んでいますから、本当に手間なく調理の食材として使えます。
魚が苦手でも大丈夫なほど、嫌な臭いや手触りもありませんし、誰でも楽しく使えて美味しく食べられます。
見た目や表面の質感が苦手な人も、サラダフィッシュなら鶏肉のイメージで、抵抗感なく口に運べるでしょう。
魚の栄養も取れる食材ですから、魚嫌いで全く口にしない子供にも、役立つ栄養源として活用できます。
調理しやすいのが何といっても魅力的で、手で解す場合は包丁すらも必要ないです。
調理に使う道具が減らせるということは、後片付けの負担も減るので一石二鳥となります。
見た目は鶏肉、でも味や栄養素は魚と不思議なサラダフィッシュは、手間のなさでも人気を獲得しています。
総合的に使いやすい食材なので、これからもっと人気が高まったり、使い方の幅が広がっていく期待を感じさせます。

サラダフィッシュ お手軽レシピ

サラダチキンと同じく低カロリー・低脂肪なので、代用品として活用することが可能です。
好きな野菜に加えれば、ドレッシングを掛けなくても食材の味が楽しめるサラダになります。
魚ならではのDHAも摂取できるので、ダイエット中に試してみたいお手軽レシピの一つです。
もうひと手間加えたい場合は、各食パンにサラダを乗せてトーストしたり、ホットドッグの具材代わりにするレシピもあります。
前者はトーストにサラダを乗せて、好みに応じてマヨネーズやチーズを振り掛けて焼きます。
マヨネーズはカロリー多めなので、ダイエット中はハーフタイプやカロリーゼロタイプが最適です。
サラダの代わりにサラダフィッシュを油で揚げて、トーストにレタスやスクランブルエッグと一緒に挟むのもありです。
一方の後者は、細く千切ったサラダフィッシュをパンに挟み、刻んだ玉ねぎを乗せてケチャップを掛けて作ります。
他の具材よりも栄養バランスが整えられるので、既存の食材を置き換えると健康的に味わえる一品になります。
良質のたんぱく質が一緒に摂れますから、大人も子供も美味しく健康的になれるでしょう。
調理の手間が省けたり、後片付けの省略も実現しますから、サラダフィッシュは現代人の優しい味方です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-家事

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.