*

美容

日焼け対策 | 意外と知らない人が多い!知って得する日焼け防止方法

投稿日:

場所別対策

夏場の季節になると気になるのが日焼け、肌への負担を考慮して日ごろから日焼け対策を徹底している人はそう少なくありません。ただ、ここで注意しておきたいのがその具体的な対策方法についてです。場所によって紫外線による影響は異なってくるため、その場所ごとに適した方法で対策を打っていくことが大切になってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まず、屋外、特に直射日光が当たりやすい場所についてです。こうした場所であれば、日焼け止めはもちろんのこと、日傘や日よけなど物理的に日光を遮断できる方法で対処していくのがベストです。紫外線によるダメージはもちろんですが、この他、日光によって肌に熱がたまってしまうのを防ぐのも大切なポイントになっていきます。 室内の場合、紫外線による影響はないのでは?と思われる人も中にはいるかもしれませんがこの考えも時には危険です。室内であっても紫外線による影響はゼロではありませんし、UVカット加工がなされていない窓のそばであれば当然ダメージも蓄積されていきます。この場合には室内でも日焼け止めやUVカット機能のある日よけを用いるなどして対処していくのがおすすめです。たったこれだけのことでも肌にくかかる負担を軽減していくことが可能になっていきます。

紫外線対策

紫外線対策で最も大切になってくるのが、普段の生活の中でどれだけ肌への負担を減らすことができるのかという点です。多少の紫外線は人間が生きていく上でも大切な要素の一つですが、その量があまりにも多ければ当然日焼けや肌トラブルを引き起こすことも考えられます。 紫外線対策の一つとして最もお手軽な方法とされているのが、ドラッグストアなどでも簡単に購入できる日焼け止めの購入です。日焼け止めの種類はそれぞれのメーカーによっても異なってきますが、それぞれの肌質に合わせて多種多様なものが売り出されています。肌が比較的弱い人であれば低刺激でUVカット機能が備わっているもの、徹底的に肌への負担を減らしていきたいというのであればUVカット機能が高いものを優先的に選んでいくようにします。 それぞれの商品にはどの程度の紫外線をカットすることができるのか、その程度が数字で表示されています。この数字を参考にしながら商品選びをしていくことはもちろんですが、その都度試供品などを使って使用感を実際に確かめていくことも大切です。せっかくUVカットの機能が高くてもその商品が肌質に合わなければ意味がありませんし、思わぬ肌トラブルを引き起こす要因となってしまうこともあります。

アフターケア

日焼け対策の一環として、外出後などのアフターケアも欠かせません。外出時にはどれだけ日焼け止めや日よけなどを活用しても、肌へのダメージがゼロになるというわけではありません。多少なりともダメージを受けた肌をそのまま放置してしまうと、肌表面の乾燥を助長してトラブルを誘発してしまうことも考えられます。 そこで外出から帰った時にはできるだけ早く患部の保湿、アイシングを徹底していくようにしましょう。保湿成分が豊富に入った化粧水を使って患部に美容成分を浸透させていく、肌の乾燥を防ぐだけでも肌が本来持っているバリア機能を活性化してダメージを軽減していくことが可能です。また、熱がこもった状態の肌を物理的に冷やすことで症状がそれ以上悪化するのを防ぐこともできます。日焼けは肌が軽くやけどをした状態、それを解消するためには患部を冷やして対処するのが一番となってくるわけです。 また、普段のスキンケアの段階でもこまめな保湿を心掛けるようにすれば、紫外線による肌トラブルを幾分軽減していくことも可能になっていきます。もちろん、これで紫外線による影響がゼロになるというわけではありませんが、毎日継続してこうしたスキンケアを続けていれば自然と日焼けによる影響は最小限に抑えられていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-美容

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.