*

ファッション

水遊び用オムツはプールや海で大活躍!赤ちゃんも水遊びが楽しめます

投稿日:

普通のオムツとの違い

オムツはまだ自分でトイレに行くことのできない子どもがつけるものなので、おしっこやウンチを吸収する機能がついています。普段はオムツの中でおしっこやウンチをしても外には出ないように作られていますが、水の中での使用は想定されていません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

水遊びやプールなどではオムツがなくてもトイレに行ける子どもは水着を着て楽しむことができますが、普段オムツを使っている子どもはそのまま水着だけを着るとウンチをしてしまった時など大変なことになってしまいます。そういった時に使えるものが水遊び用オムツで水遊びの最中につけることを想定して作られています。そのため、普通のオムツのように水を吸って重たくなるような機能は付いていません。通常はおしっこを吸収するために水分を吸収する機能がついていますが、水遊び用は水分を吸収する機能はなく代わりに足元のギャザーなどがしっかり作られており、排泄物が外に漏れにくいという仕組みになっています。そのため、もしも水遊び用オムツの中でウンチをしてしまっても、それがオムツの外に出ることがないように作られています。水遊び用オムツはウンチをしてしまったらオムツごと交換をすることで処理ができるというところが特徴です。

水遊び用パンツの選び方

水遊び用パンツも、普通のオムツのようにサイズが色々と揃っています。オムツのサイズは足の太さや体の大きさで決めますが、水遊び用も同じような基準で大きさを合わせて使います。水遊び用はほとんどが履いて使うパンツタイプのものになっているので、足回りがピッタリとしたサイズにすることが大切です。大き過ぎるものをつかえば、足とオムツの間に隙間ができてしまい、排泄物が漏れてしまう原因となります。調節できる機能は付いていないものがほとんどなので、十分にサイズを確認しておきましょう。また小さすぎるサイズのものを選ぶと足が痛くなってしまうこともあるので、小さ過ぎないものを選ぶことも大切です。水遊び用オムツは使い捨てタイプだけでなく、布タイプもあり、繰り返し使えるというメリットがあります。家の中などで頻繁に水遊びをする時などは、他に人がいないということもあり、布タイプのものでも十分でしょう。布タイプは大人の水着のような素材でできていますが、やはり足回りに隙間ができないような作りになっており、排泄物が外に出にくいような作りになっています。布タイプも色々なデザインがあるので、子供が好きなものにすると気に入ってもらえるでしょう。

使用する時の注意点

水遊び用オムツは水遊びをする時にオムツをつけていなくても使えるというものですが、施設によってはオムツが外れていない子どもは水に入ることを禁止されているところもあります。こういったところでは水遊び用パンツをつけていても利用することはできません。また何も記載がない時には事前に、水遊び用オムツを着用して利用することができるのかどうかを確認しておくようにしましょう。排泄物が外に漏れてしまう危険があるということで、中にはできるだけ使用を断っているという施設もあります。そういったところではマナーとしてオムツが外れるまでは水遊びはさせないようにしておきましょう。またトイレトレーニングを始めている子どもの場合には、水に入る前にトイレに行き排泄を済ませてから水遊びを開始するようにすることもマナーのひとつです。家で1人で水遊びをさせている時には、そういったことは気にする必要はありませんが、水遊びは水を介して病気が広がることもあるので、その施設ごとの決まりに従うことが大切です。もしも水遊びの途中で排泄があった場合には、すぐに水から上がらせてオムツの交換を行い、皮膚を綺麗にしましょう。排泄物がついたままの状態で水遊びをさせないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ファッション

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.