*

家事

洗濯ロープは簡単なのに強度がある!洗濯ロープの便利な使い方

投稿日:

洗濯ロープの張り方は?

選択をする際には洗ったものをハンガーに通し、物干しざお等にかけて干すことになります。物干しざおを使うことは簡単でいいですが、使用する場所を選ぶ必要もあり必ずしも有効とは言えません。また二階以上のベランダなどで使うと、外れて落ちてしまうことも想定して予防策を張っておくことが必要です。そのため物干しざおはどこでも使えるわけではなく、もっと便利に使えるものが必要です。 その際に選択肢に上がるものが、洗濯ロープでありホームセンターや百均でも購入することができます。初めて利用する場合には知っておかなければいけないことがあり、それがロープの張り方です。最終的な結び方は慣れてくれば使いやすい物に帰ればいいですが、問題は結び付ける場所の強度になります。 ロープにはある程度のハリが必要であり、強めに引っ張ってまっすぐになるようにしなければいけません。しかし結び付ける場所の強度が不足していると、引っ張ったときに壊れてしまうこともあるので注意が必要です。自分の持ち家であればいいですが、賃貸住宅の場合には現状回帰の対象になることもあるので気をつけなければいけません。しっかりとした頑丈な場所に、ロープを張るようにしましょう。

旅行におすすめの洗濯ロープ

旅行に行く際には数日であれば着替えなども多くならずに済みますが、それが一週間などの長期になると着替えなども多く用意しなければいけません。しかし荷物が多くなると持ち運びが大変になるだけでなく、お土産を買ってもしまうことができないなどの問題が出てきます。また着替えた服を袋などに長期間入れておくことは衛生上好ましくなく、場合によってはカビが生えたりするため避けたいものです。 そのようなときに考えることは着替えは最小限にして、旅行先で毎日選択をするということです。宿泊施設によってはコインランドリーを設けている場所もあり、着替えたものを洗うことができます。乾燥までしてしまうとお金がかかるだけでなく、時間もかかるのでとても面倒です。そんな時に便利に使えるものが、洗濯ロープです。 洗濯ロープを使うことで、洗ったものを旅行先でも干すことができるのでとても有効に使うことができます。気を付けなければいけないことが、ロープを括り付ける場所です。変な場所にしてしまうと壊してしまう恐れがあるので、絶対に気をつけなければいけません。椅子の背もたれに縛り動かないように固定して利用するなど、少し工夫して使う必要がありますがあると便利です。

ダイソーの物干しロープはひと味違う

物干しロープを使うときに気を付けなければいけないことが、しっかりと張ったつもりでも洗濯物をかけるとたわんでしまうという点です。これはロープに多少なりとも伸縮性があるので仕方がなく、しょうがないものとあきらめるしかありません。たわんでしまうとそれによって洗濯物同士がくっついてしまうので、それを避けるには洗濯ばさみなどでハンガーを固定する必要があります。 しかし洗濯ばさみで固定してしまうと、今度はロープをしまうときにそれを外さないと邪魔になってしまうというデメリットがあります。洗濯の量が多くなればなるほど、数も必要となるので費用も掛かってしまいます。そのようなときに便利なものが、ロープにハンガーをかけるための穴が開いている商品です。 少し形的に手間がかかっているので、高価な気がしますがこれはダイソーで買うことができます。ダイソーであれば物干しロープ以外にもハンガーや洗濯ばさみなど様々なグッズが売っているので、他の物を買うこともできるため効率的に買い物ができます。ロープに空いている穴はハンガーをひっかけるだけでなく、結び付ける場所にひっかけることもでき自由度が高いです。このようにダイソーの商品は、一味違う使い方ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-家事

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.