*

生活

話しやすい、話しかけやすい雰囲気を持つ

投稿日:

服装や髪型がシンプル

肌の露出の多い服装をされている方は、近づきにくいイメージがあります。目のやり場に困るということもありますが、気心の知れたお仲間でなければ近づいていくと警戒心を持たれるような気がします。また、髪型も美容院できっちりセットしたてのような方や、奇抜なカラーに染めておられる方には隙がなく、話しかけにくい雰囲気があります。実際本当のところはそうでもなくても、何かすでに周りにバリアがあるようで、遠巻きにしか見ていることが出来にくいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本当は友達が欲しいとか誰かと話したいなと思っていても、奇抜な様子は同類だと思われたくないという人間の防衛本能が働いてしまうこともあります。 ですから、話しやすい、話しかけやすい雰囲気を持つには、服装もオーソドックスで、きっちりしすぎず豪華すぎず、そして派手すぎないのが良いようです。また髪型も同様に、目立ちすぎない自然な感じが良いです。もちろん不潔な感じは論外で、嫌な感じがする場合はまたそれはそれで、人が近づきにくい様子となります。不潔だったりあまりにみすぼらしい場合も同じです。人はあまりに普通と違う様子の人を排除してしまう傾向にあります。話しやすい、話しかけやすい雰囲気を持つには、そういったことに注意する必要があります。

立ち振る舞いが上品で自然体

また、服装や髪形、清潔感だけではなく、立ち振る舞いが上品で自然体というのも、話しやすい、話しかけやすい雰囲気となります。自分を受け入れてくれそうな優しい雰囲気、そして知的で上品な感じがすれば話してもなにか、丁寧で良い答えが返ってきそうな期待感をもちます。人は周りを見て話しかける人を選びます。この人ならば大丈夫だなと思える雰囲気の人を選ぶのが普通です。ガサツな感じで、面倒くさがられそうな人には声をかけるのをためらいます。実際はそうでなくて、人は見かけによらないということも本当はよくあるのですが、話しかけるには勇気が必要となります。ですので、もし、自分で服装が奇抜で、ガサツであると感じている人も、誰かと話したいなと思っているならば自分から穏やかに話しかけてみると、意外性でかえって話が弾むかもしれません。服装や髪形などは個性で、本来自由なものですが、あまりに一般的でなければ受け入れられにくいというのは実際に多いようです。話しかける方は勇気が必要となります。しかし、新しい環境の中などで自分の個性をうけいれてほしいと願う場合は頑張ってありのままで話しかけていきましょう。きっと見かけにとらわれず仲良くなれる人もいるはずです。

表情が豊かでプラス思考

そして、話しやすい、話しかけやすい雰囲気を持つには、服装や髪形、立ち振る舞いだけではなく、表情も大切です。表情が明るくて一緒に要ると楽しくなれそうな場合は人はそばにいやすくなります。考え方も、悲観的なことばかり言うのではなくプラス思考で、物事を前向きによいように考えられる人とは、一緒にいて楽しいものです。いっしょにこれから新しいことを始めてみるのにも期待感が生まれます。 新生活などでは新しくイランなことにチャレンジしていかなければならないことがあります。やる気のないいつもつまらなそうにしている冷めた感じの人とは一緒にいてもワクワクする体験はあまりできない感じがします。とりあえず一緒にいてみるかと楽そうな人と一緒にいる場合もありますが、いっしょにいてホッとできるという良さがあるならばよいのですが、嫌なことばかり言っているような人の場合は思い切って一緒に要るのをやめる方がよいです。 ということで、話しやすい、話しかけやすい雰囲気を持ち、一緒にいられる人を作るには、自分自身が前向きに明るくなることも重要だということです。折角ならばホッとできる友人を作り、お互いに助け合っていけると良いです。友人はたくさんでなくても良いのですが、明るくしていれば自然と輪が広がる可能性もあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.