*

生活

食材宅配とスーパーを上手に使い分ける方法

投稿日:

食材宅配とネットスーパーとスーパーの違い

家まで様々な食材を届けてくれる食材配達ですが、同じようにして食材が届くのがネットスーパーです。その違いを見ていくと共通サービスが多いが、事前に注文し後日配達と当日に注文配達することがポイントになります。ネットスーパーは会員になったらすぐに利用して食材が届くわけですが、食材宅配は使えるようになるまでにはある程度の日数が必要です。そのタイムラグがあるにもかかわらず、3人に1人は食材宅配を利用 しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネット注文、自宅まで送ってくれるというやり方は、買い物をする時間がなかったり病気で外出できないというときには便利です。普段はスーパーで という人も、何かあったときにはライフスタイルや時季、自分の身体の調子にあわせて使い分けていくことができます。最近では共働きの家庭や高齢者世帯も増えてきていて、買い物をすることが難しくなっていますが、食材宅配を利用していれば普通と同じような生活を送ることが可能になります。

では実店舗のあるスーパーでの買い物とは、どのような違いがあるのかというとスーパーの場合には数量が限られている目玉商品を安く購入できるというメリットがあります。また夕方などには売れ残った商品が割引されたりして、タイミング良く見せに居なければ購入できないお買い得商品というのもあります。出費を抑えたいならば、普段はスーパーで上手に買い物をするほうがよいでしょう。

ネットスーパーと食材宅配をどう選ぶか

似たものであるネットスーパーと食材宅配ですが、どちらを選べばよいのかということで違いがあるとすれば取り扱っている商品です。ネットスーパーは、実店舗で取り扱っている商品をそのまま家に運んでくれるサービスですが、食材宅配はそこから更に食材のこだわり/有機栽培やオーガニック食材などを多く取り扱っています。子供に自然な食材を食べさせてあげたいといったこだわりを持っている家庭であれば、食材のこだわり/有機栽培やオーガニック食材は魅力的です。

また使用頻度/一度にまとめて買うということでも選べます。献立を考える手間を省きたいということであったり、受け取る手間を省きたいというのであれば食材宅配のほうが便利です。でもその日の特売品を買いたいと言うのであれば、ネットスーパーでその都度注文したほうが良いです。

料理の手間/献立タイプでは、ネットスーパーは野菜や肉といった食材をバラバラに注文する形になりますが食材宅配は料理をつくるために下ごしらえをしているセットやすでに出来ているお惣菜を配送してくれます。共働きや独居高齢者には嬉しいサービスです。配送の早さ/即日or翌日については早いのはネットスーパーになります。欲しいものをすぐにということであれば配送が早いほうが良いでしょう。これらのメリット・デメリットをよく理解することで、どちらを利用すればよいのか考えることが出来ます。

食材宅配サービス選ぶポイントポイント

食材宅配を利用するポイントとしては、なんといっても取り扱っている商品の質が良い事が挙げられます。健康に気を使っている主婦にとっては、安心して食べられる食材というのは手間と費用をかけても調達したいものです。有機栽培や無農薬野菜など自然なやり方でつくられた野菜や、肉についてもどこで育ったものなのかという情報がしっかりと確認できるものが販売されています。東日本大震災以降は放射性物質の数値も気になるところで、それも検査をして安全であると確認されたものが流通しています。

そして、サービスを利用できる地域が広いことも魅力です。ネットスーパーだと実店舗がある周辺の地域が配送エリアとなっています。そのために、近くにお店がないような田舎だとサービスを受けることが出来ません。その点食材宅配であれば、より広範囲に商品を届けてくれます。家まで商品を届けて欲しいというのは、買い物弱者と呼ばれるお年寄りが多く、過疎化が進む田舎は特に需要が高いです。普段は買い物ができないことで悩んでいる人にとっては、食材宅配が利用できるということはまともな生活をおくることができるといことを意味しています。これらのポイントを踏まえて食材宅配がいいと思うならば選んでみるべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.