*

生活

飲み会を楽しむコツ! 人見知りでも大丈夫 飲み会を楽しく過ごすためのコツとは

投稿日:

飲み会嫌いは損をすることも

飲み会というとお酒が飲める方でも参加することはあまり好きでないという方も居れば、大好きで開催されれば必ず出席するという方がいます。しかし飲み会というのは会社の上司や同僚などど開く懇親会的な飲み会のこともあるので、これらに参加しないことで損をすることがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お酒を飲んだ時にその人の性格が出てくるということがありますから、その人は本当はどんな性格なのかを知りたくて開催していることもあるのです。会社で主催される場合にはその人の人柄がどんなものかを確認するための意味合いが込められていることもありますから、これらに参加することで自分という人間を知ってもらうことが出来るのです。もちろん通常の仕事の時に社交的に接して知ってもらうこともできますが、普段なかなか話す機会が無い方とも交流を深めていくことが出来るのが飲み会のメリットです。お酒を飲めない方は無理に参加したり飲もうとしなくても問題はありませんが、お酒が人並みあるいはそれ以上に飲めるにも関わらず出席しないのは損をしてしまうことのほうが多いですから、なるべくならば出席するように心掛けて断らないようにすることが、飲み会が開催される上で注意しておくべき事です。

飲み会を盛り上げる飲み会の会話術

飲み会を盛り上げるための会話術は様々です。まず隣りに座った席や近くの席にいる人がおしゃべり好きな人の場合には、その人の話しを徹底的に引き伸ばして聞き役に徹することが良いでしょう。お酒を飲んだ時にこういったおしゃべりの人というのは会話をすることで場を盛り上げていくということが大好きですから、あえて聞き役に徹して会話を委ねてしまうというのは一つのベストな方法につなげっていきます。近くに座っている人があまり喋らない無口な人の場合には、差し障りのない話を心がけるようにして、あまり込み入った話はしないことが大事です。無口な性格の人というのは第三者に自分のことを根掘り葉掘り聞かれるというのを好まない傾向にあります。お酒が入っているからといってぐいぐい失礼なことを質問するようでは、その後の人間関係で亀裂が生じます。参加した人の性格にあわせて会話をしていくことが飲み会の際には必要ですから、とことんおしゃべり好きで無礼講な相手に対しては、楽しい話題をどんどん話していっても問題はありませんが、控えめな性格の人と飲み会を開くときには、相手の出方を見ることも大切です。少しずつ話していけば徐々に会話を広げてくれることも珍しくありません。

どうやったら飲み会が好きになる?

飲み会を好きになる方法としてはとにかく場数を踏むことです。何故嫌いなのか自分でもわからずに参加せずに毛嫌いしている人は少なくありません。そのような人はいろいろな飲み会に積極的に参加してみてどんなものなのかを知ることが一番です。楽しいと思うきっかけがあればその後の飲み会はもう何度出席しても辛いことがなくなるということが少なくないので、あまり飲み会に行った経験がない方は、経験値を重ねていきましょう。歳をとってからの失敗は恥ずかしいこととなりますが、若いうちに多少飲み会で失敗したとしても周りの人は寛大に見過ごしてくれますから、次また同じことをしないと肝に銘じておけば問題はありません。最初に参加するのはなるべく同僚や同期などの同じ年くらいの人たちが参加するところに行くのが一番です。何故ならば最初から上司との飲み会に行くというのはプレッシャーにつながってしまい、飲み会そのものを楽しいと思えなくなってしまうことにつながるからです。同僚と無礼講で楽しくお酒を飲むことで、だんだんと人が集まる飲み会が好きになっていくこともありますから、これから飲み会を好きになりたいと努力を続けようとしている方は、とりあえず参加しましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活

Copyright© 生活を豊かにする情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.